子供の気持ちを忘れた大人達へ子供の気持を知る為の作業

TwitterのDMを使ったお悩み相談をはじめました

悩み相談の受け付けをしようと思った経緯と、相談を受ける上でわたしが考えていることをまとめました。

辛い時、わたしを癒してくれた曲

いつでもわたしの心を癒して慰めてくれる音楽

子供の頃母親に言われて傷ついた言葉ワースト5

子供の頃を振り返る時、あなたは母親に愛された思い出がありますか? ほとんどの人は愛情いっぱいで育ててくれた母親に感謝の気持ちを持っているのだと思います。 そして自分が母親にされたように、子供に愛情を注いで育てようと思い、実際そうしていますよ…

辛い体験に苦しむ自分を助けられるのは自分だけ【連載③】

この記事はわたしが長期間に渡り体験した辛い記憶をある程度忘れ、それほど苦しめられることがなくなった方法を3つの記事に分け連載するもののうち3つ目の記事になります。 読んで下さっている方の仮にひとりであっても、苦しみが軽くなることを願ってこの…

忘れようとして苦しむ時、苦しみはさらに強くなる【連載②】

この記事はわたしが長期間に渡り体験した辛い記憶をある程度忘れ、それほど苦しめられることがなくなった方法を3つの記事に分けもののうち2つ目の記事になります。 読んで下さっている方の仮にひとりであっても、苦しみが軽くなることを願ってこの記事を書…

辛い過去の体験や記憶って忘れられるの?【連載①】

忘れるという意味、なぜ何度も辛いことを思い出すのか、辛い記憶の正体についてのわたしの考え

先股脱の中1娘が小5でADHD・ASDと診断されるまで(後編)

先股脱の中1娘が小5でADHD・ASDと診断されるまで(後編)

先股脱の中1娘が小5でADHD・ASDと診断されるまで(中編)

娘がADHDと診断されるまでの記録(中編)

先股脱の中1娘が小5でADHD・ASDと診断されるまで(前編)

娘がADHDと診断されるまでの記録(前編)

親から貰った最初で最後のクリスマスプレゼント

二度と経験出来なかったクリスマスパーティーと二度と貰えなかったクリスマスプレゼントのお話。

2歳児は些細な事も褒められて当然だと思っている

大人にとってはささいな事も、子供にとってはすごい事。そして成長した私が嫌だった褒められ方とは?

子供が昼寝中の外出 2歳児が目を覚ました時

昼寝から目が覚めた時、母親がいない。 その時の2歳児の心理と行動。 大人と子供の時間の感覚には大きな差があります。

悲しい事件に心を病んでしまった時

子を持つ母として悲しい事件に心を病み、やがて心をコントロールし乗り越えていった方法。

親の想像よりはるかに親の心中を案じる2歳児

親に買ってもらった帽子を一日でぼっとん便所に落としてしまった2歳児。2歳児が悲しかった事とは…?

『閉じ込める』というお仕置きをされた2歳の子供が感じた事

子供が悪い事をした時、また親の意に沿わない事をした時、どういった方法で子供を躾け、悪い事をした事の反省を促すのかは、各家庭の親のやり方・考え方がある。 その中に昔から比較的一般的にあるのが、子供を“どこかに閉じ込める” というものだ。 昔の話と…

2歳児が何をどこまで考えるか知って欲しい

母は買い物へ、家には眠る父。2歳児は三輪車で母を探しに一人スーパーへ行く。2歳児が考えた三輪車を盗まれない為の方法、そして子供の安全の為に…

子供は母親に完璧を求めてなどいない

なぜ子供時代を『親に愛されなかった』と大人になり引きずるのか? きっとまだ間に合う。子供に伝えてあげて欲しい… そして子供に対して絶対に口にして欲しくないと感じる言葉二つ。

母の愛に不安を感じた一番古い記憶

母親とは何があっても子供を心配し守ってくれるはず。2歳であっても子供はそう信じていた。初めてその信頼を裏切られた日。

育児が永遠に終わらないように感じているママへ

この記事は修正中です 申し訳ありませんが しばらくお待ちください 8/24 烏星未烏 わたしだけだでしょうか。 母親という響きに、偉大で温かくて何ものにも替え難いような、絶対的な存在感を抱いているのは。 そんな存在になりたいと強く願っていたわたしは、…

幼少期の母親との関係性はその後の人生に影響を与える

このブログ内では今後、母親と子供の親子関係についての話が多く出てくる。 そして過去を振り返る中で、私が書いていくことは全て当時の私自身が感じた事であって、同じ様な経験をした人が私と同じ事を感じるとは限らない。 あくまでも私が経験し、私が子供…

初めまして!烏星 未烏です

運営者自己紹介

子供が母親を呼び、求めていること

ママ…お母さん…母ちゃん… なんて素敵な響きなんだろう。 母親を呼ぶ子供の声は、子供の思いの全てが詰まっているようで、それは私にとってとても甘く、そしてどこか切なさを感じる物だ。 親は子を産むとその日から様々な言葉を子に向かって話しかける。 そし…

お問い合わせフォーム

読み込んでいます…